ホルモン補充療法でエストロゲンを増加|脳が錯覚

病院で更年期対策

二人の医者

嬉しい効果

ホルモン補充療法は婦人科などでできる更年期障害の治療の1つです。更年期に差し掛かるとどんどんエストロゲンが減少します。ホルモン補充療法は、減少したエストロゲンを飲み薬や貼り薬で補い、更年期障害と言われているさまざまな症状を予防や改善する治療です。ホルモン補充療法にはアンチエイジングの効果もあります。エストロゲンは美人ホルモンとも言われていて、美しい肌を作る細胞を活性化する働きがあります。真皮のコラーゲンを増やしたり、ターンオーバーを促進したり、乳腺を発達させて胸を大きくしたりするのにエストロゲンが有効です。更年期障害の症状を抑えるだけではなく、女性として嬉しい様々な美容効果を得ることができるのが、ホルモン補充療法なのです。

治療の特徴

ホルモン補充療法では、内服薬などの飲み薬、ジェル、スプレー、パッチなどの塗り薬や張り薬、注射など、様々な方法で女性ホルモンを補います。個人の症状によって、エストロゲンと黄体ホルモンを同時に処方したり、卵胞期にはエストロゲンを、黄体期には黄体ホルモンを補充したり、ホルモンのバランスをとっていきます。黄体ホルモンには生理前の体調の不良を整える効果もあります。ホルモン補充療法の治療を始めたばかりの頃は、ホルモンが急に増える影響で多少体調が悪くなることがありますが、徐々に楽になっていきます。ホルモン補充療法には、関節痛、腰痛、肩凝り等を緩和したり、大腸がんになるリスクを低下させたりする効果もあります。