ホルモン補充療法でエストロゲンを増加|脳が錯覚

更年期障害を軽くするには

看護士

更年期障害とは

更年期障害とは閉経が近づいた女性の体や心に起こる不調のことをいいます。更年期障害は卵巣から出る女性ホルモン分泌量のバランスが乱れることで起こります。卵巣から出る女性ホルモンは生理や子宮内膜の成長に深く関係しています。女性は40歳を過ぎたころから卵巣の働きが急に衰えてしまい、女性ホルモンの分泌量が減少します。減少したことで脳が混乱し自律神経などに影響を及ぼしてしまうのです。女性は50歳頃に1年以上生理が止まってしまうと閉経を迎えたと考えられています。50歳を閉経年齢とすると45歳〜55歳ぐらいまでの期間を更年期と呼んでいます。そして更年期に体と心にあらわれてくる不調を更年期障害といいます。日常生活が困難になるほど症状が重い場合は、婦人科や内科などホルモン補充療法の受けると快方に向かいます。

症状と治療

更年期障害の症状には、自律神経の乱れによって起きるのぼせや大量の汗、動悸、めまいなどがあります。また、気分が落ち込む、イライラするといった精神的な症状が出る場合もあります。更年期障害の症状は人によって様々で心と体の両方に症状が出ることもあります。自律神経の乱れによって起きている症状にはホルモン補充療法が効果的です。ホルモン補充療法とは、急に減少してしまった女性ホルモンを体の中に補充する治療方法です。ホルモン補充療法を行うことでホルモンバランスが安定し、のぼせや大量の汗、動悸、めまいなどが治まってきます。更年期障害には骨粗しょう症の症状が出ることもありますが、ホルモン補充療法をすることで骨粗しょう症を予防することも分かっています。ホルモン補充療法を行うと少量の出血や乳房が張るといった症状が出ることがありますが、ホルモンの量を調節することで症状はなくなります。病院で治療する時には治療費用の負担額が気になりますが、更年期障害によるホルモン補充療法は健康保険が使えますので安心して治療を受けることができます。