ホルモン補充療法でエストロゲンを増加|脳が錯覚

治療法と女性ホルモン

女性

治療の種類

ホルモン補充療法(HRT)は、女性ホルモンのエストロゲンを増殖させて更年期になりやすい発汗、動悸、ほてり、のぼせ、抗うつ症状などの症状を改善する療法です。ホルモン補充療法には、飲み薬、塗り薬、貼り薬などがあります。飲み薬は水と一緒にエストロゲン製薬やプロゲステロン製薬を飲む方法です。エストロゲン単剤とプロゲステロン単剤、そしてエストロゲンとプロゲステロンの配合剤の3種類があります。塗り薬や貼り薬だと肌がかぶれやすい人におすすめです。塗り薬や貼り薬は胃が弱い人、コレステロール値が高めの人で飲み薬が飲めない人に向いています。エストロゲンよりも作用が弱めのエストリオール、エストリールなどもあります。

女性ホルモンの働き

ホルモン補充療法は世界中で普及している女性のためのホルモン治療です。長い治療の歴史があり、安全性も確認されています。エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンの一種で、生理が終わったあとから排卵日までの間に多く分泌されます。そして排卵日が終わったあとから生理が始まるまでの期間は、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が多くなります。エストロゲンとプロゲステロンが交互に分泌されることで、ホルモンのバランスが保たれています。しかし、閉経が近くなるとエストロゲンが減り、ホルモンのバランスが崩れます。ホルモン補充療法をしたり、大豆由来の大豆イソフラボンのサプリメントを飲んだりすればホルモンを調整できます。